血糖値が上がる仕組み 血糖値下げる 糖尿病改善5ミニッツ 青坂一寛 治療

MENU

血糖値が上がる仕組み

血糖値が上がる仕組みをご存じですか?
糖尿病は、血糖値が正常よりも高い高血糖が慢性的に続いている状態ですが、どうして血糖値が高くなるのかその仕組みを知っておくことは糖尿病を自分で改善するうえで大切なことです。


そもそも食事から摂ったご飯などの炭水化物(糖質)は、胃や腸で分解されて、ブドウ糖に変わるんですね。
そして、このブドウ糖は小腸で血液中に吸収され、血液で全身に行き渡り、全身の細胞のエネルギー源となります。


その為、活動する為には欠かせないものですが、血液中のブドウ糖が増えすぎてしまうと、全身の血管などの組織にダメージを与えることから、私たち人間の体には常に血糖値を一定に維持する仕組みが備わっているのです。


それが膵臓から分泌されるインスリンです。
このインスリンの働きとしては、筋肉にブドウ糖を取り込んだり、ブドウ糖をグリコーゲンに替えて肝臓に貯える、更に余ったブドウ糖を脂肪に合成して脂肪細胞に蓄積するという3つの働きで血糖を処理するのです。


そして、血糖値を上げるホルモンには、アドレナリン、グルカゴン、コルチゾールなど複数あるのに対して、血糖値を下げるホルモンはインスリンだけなんですね。
したがって、インスリンの分泌や働きが悪くなると、余分なブドウ糖が血液中に残ってしまい、高血糖を引き起こしてしまうのです。


青坂一寛先生の血糖値を下げる1日5分!自宅でラクにできる最新の糖尿病改善プログラム「糖尿病改善5ミニッツ 」は、自分一人で簡単に出来る高血糖を改善する治療です。 状来の食事制限や生活習慣改善とは違う、東洋医学の整体などの治療によって自律神経に働きかけて体質改善をし、血糖値をコントロールするという全く新しい血糖値改善術です。


自宅で1日5分!我慢しないで自宅で楽にできる!


青坂式糖尿病改善プログラムの詳細を見てみる