血糖値を自分で下げる治療

MENU

血糖値を自分で下げる治療記事一覧

東洋医学のツボ療法や鍼灸などは、糖代謝を改善させることに役立つことをご存じですか?これらの治療を行うと、全身の血流が良くなり、体中の細胞に酸素や栄養が十分に行き渡るようになることから、全身の臓器や器官の働きも活性化し、それにともなって糖尿病の改善に繋がることが多いのです。実際に糖尿病の患者さんで整体に通っておられる方も少なくありません。そして、足裏をほぐすことは、東洋医学での足裏にある反射区を刺激...

手をもむと血糖値が下がリ安定しやすくなるのをご存じですか?東洋医学では、手は全身を映し出す鏡とも言われ、心臓や消化器、呼吸器、生職器、頭、首、腰などと言った全身のあらゆる部分に対応する反射ゾーンが密集しているのです。体に不調があれば、手のゾーンにも兆候が表れるので、押したり揉んだり正しく刺激することで、臓器などを活性化させるなど、調子がを整えることが出来ると考えられています。そして糖尿病は、膵臓か...

この青坂一寛先生の糖尿病改善5ミニッツプログラムは、足裏、おなか、ふくらはぎなどのツボや反射区などを押したり、こりをほぐしたりする療法を中心とした血糖減らし整体を行います。では、どうして血糖値が下がるのでしょうか?まず、足裏ほぐしはでは、脚の裏に膵臓などの反射区を食前や食後にもみほぐすことで、膵臓が活発に働くようになり、インスリン分泌が刺激され、血糖値が下がると考えられます。食事をすると、30分か...

内臓ほぐしは糖尿病を改善するにもいいと思います。これは青坂一寛先生が考案された方法で、内臓とその周辺の筋肉をほぐすというものです。中には、筋肉がこるのはわかるけど、内臓のこりなんて聞いたことがないと、戸惑う方が多いかもしれません。ですが、内臓も筋肉と同じです。人体を構成するのは、大雑把に分けると、骨、筋肉、血液を含めた水分の3つですが、性質が異なるというだけでで、筋肉の仲間と考えることが出来ると思...

血糖値減らし整体の回数は多くするほど効果が早く出るのか、やり方に疑問を持っている人もいると思います。血糖値減らし整体は誰でもある程度の効果が期待でき、しかも続けやすいということがあるのかなと思います。やりすぎたからといって、身体に害を及ぼすというものではありませんが、回数をむやみに増やすよりも、正しいやり方で毎日続けるようにしたほうがいいでしょうね。(^-^;足裏ほぐしは、食後に上昇する血糖値を安...

足裏ほぐしをやる目的は、膵臓の働きを加活性化して、インスリンのスムーズな分泌を促して、食後の高血糖を防ぐこと。これによって糖尿病を改善させたり、予防することが期待できます。そんな足裏ほぐしのやり方は、椅子に座って片方の足の裏を上に向け、反対側の太ももの上に乗せます。畳みなどに座って行う場合は、あぐらをかいてやるといいかと思います。やる前には、足の裏の皮膚を傷つけないようにマッサージクリームなどを土...