血糖値減らし整体の回数

MENU

血糖値減らし整体の回数

血糖値減らし整体の回数は多くするほど効果が早く出るのか、やり方に疑問を持っている人もいると思います。

 

血糖値減らし整体

 

血糖値減らし整体は誰でもある程度の効果が期待でき、しかも続けやすいということがあるのかなと思います。
やりすぎたからといって、身体に害を及ぼすというものではありませんが、回数をむやみに増やすよりも、正しいやり方で毎日続けるようにしたほうがいいでしょうね。(^-^;

 

 

足裏ほぐしは、食後に上昇する血糖値を安定させるために膵臓の働きを良くするものなので、食べたらすぐに行うのが効果的だと思います。できれば、食後の5〜10分以内くらい。

 

 

足裏を刺激する回数は、反射区1か所につき、50〜100回くらいです。
また、こりほぐし整体の頻度は、整体で筋肉をほぐすと、その効果は2日程度続くことから週3回。

 

 

体が温まっていたほうが筋肉も柔らかくなるので、入浴後のほうがいいと思います。
この時には左右両方の筋肉をほぐすことがポイントです。
これは、青坂先生が多くの患者さんに指導されて効果期待でき、なおかつ続けやすというやり方ですよ。

 

 

はじめはつい意気込んで決まった以上の回数やメニューをこなそうとしてしまいがちですが、血糖値減らし整体の場合は、継続することが大切になるので、無理は禁物です。

 

 

食べた後に歯を磨くように、食後には足裏ほぐしを行うことを毎日の習慣にするといいのかなと思います。('ω')ノ
※理解を深めるために、関連ページ「足裏をほぐすと血糖値が下がる」も合わせて読んでみてくださいね。