整体で血糖値が下がるのか

MENU

整体で高血糖を改善するのか?

この青坂一寛先生の糖尿病改善5ミニッツプログラムは、足裏、おなか、ふくらはぎなどのツボや反射区などを押したり、こりをほぐしたりする療法を中心とした血糖減らし整体を行います。

 

 

では、どうして血糖値が下がるのでしょうか?

 

 

まず、足裏ほぐしはでは、脚の裏に膵臓などの反射区を食前や食後にもみほぐすことで、膵臓が活発に働くようになり、インスリン分泌が刺激され、血糖値が下がると考えられます。
食事をすると、30分から1時間をピークに血糖値が急激に上がります。

 

 

そのタイミングで膵臓の働きを活発にさせるのが足裏をほぐしです。
また、膵臓の反射区以外に、血液をろ過し、体内に溜まった老廃物を尿として排泄する機関である腎臓、膀胱、輸尿管も刺激することで、排泄を促すことで、足裏をほぐすと血糖値が下がる効果がより高まるのです。

 

 

また、ストレッチで体のこりををほぐすことと、血糖値がどのように関係しているのか疑問に思っている方も少なくないでしょう。
そもそも血糖値が下がらない原因は、インスリンの分泌不足に加え、その作用が不十分ということがあります。

 

 

インスリンが分泌されていれば、それだけで血糖値が下がるというわけではないのです。
肝臓や脂肪細胞、筋肉などの表面にあるインスリン受容体に結合することで初めて、細胞はブドウ糖をエネルギーとして使えたり、グリコーゲンなどに変えて細胞に蓄えることが出来るのです。

 

 

つまり、受容体がきちんと働かなければ、血液中のブドウ糖を利用することが出来ず、血糖値が下がらないわけです。
このように、インスリンの効きが不十分になっている状態がインスリン抵抗性と呼びます。

 

 

これを招く要因の一つとして考えれるのが、筋肉のこりです。
筋肉が緊張して硬直していると、その部分の血流が悪くなり、細胞にも酸素や栄養が行き渡りずらくなり、細胞内に溜まった老廃物の排出も悪くなります。

 

 

そうなれば筋肉も衰えて細胞のインスリン受容体も上手く働かなくなり、インスリンが十分にあってもブドウ糖を消費することが出来ず、高血糖を招いてしまうのです。
そして、ストレッチなどを行うと、筋肉のこりや緊張もとれ、血流も良くなり自律神経も整います。

 

 

こうして正常な筋肉を取り戻すことで、インスリン抵抗性も改善されるのです。
その結果、食事で血液中に増えたブドウ糖も効率よく筋肉細胞内に取り込むことが出来るようになります。

 

 

足裏をほぐしたりツボを刺激することで膵臓を活発させ、インスリンの分泌を促し、ストレッチによって体内のブドウ糖を効率よく消費し続ける正常な体を取り戻すという2倍の効果で血糖値減らし整体は糖尿病を改善するのです。

 

 

食後5分!もみほぐすだけ。

 

青坂式糖尿病改善プログラムの詳細を見てみる